MASAYAと守谷香、そしてホームオブハートの現在は?X-JAPAN TOSHIを洗脳した団体


スポンサーリンク

「X-JAPANなんてものは、最も自我の強い、悪の権化だ!!」

davadva

「HIDEが死んだ事でお前も思い知っただろ!ここを離れて一歩でも外に出たら、
あいつと同じ目に遭うんだよ」

 

「ギラギラした劣等男!お前はその中でも最低最悪のうじ虫男なんだよ!」

 

嫌です。こんなSadistic Desire…

8月22日「 中居正広の金曜日のスマたちへ」
に登場したのは
X-JAPANのヴォーカリスト、TOSHIさん。

 

先日、自伝「洗脳」を発売し、「金スマ」では、
約12年間に及ぶ
宗教団体、HOHこと

 

「ホームオブハート」から受けた再現VTRが
本人の供述のもと公開されました。

 

そのあまりにも衝撃的過ぎる内容が話題になり、
動画の再生回数は
1週間で10万件以上にも登ろうとしています。

 

冒頭で書いた辛辣な言葉は、「フィードバック」と言われる
この宗教団体独自の教えの方針らしく、実際TOSHIさんが
この団体の教祖MASAYA氏や、
実妻、守谷香氏から受けていた言葉です。

 

夏の心霊特集番組を見てもなーんとも思わなかったけど、
このレビューは、胸を抉られるような、それこそ身の毛もよだつ
なかなか強烈な内容でした。

洗脳されたいきさつ

話は今から17年も前に遡ります。
1997年2月に結婚したTOSHIさんは、その年の4月に
バンドを脱退します。

 

もともと劣等感を持ちやすい性格で
日本のシーンを次々と塗り替えていったバンドの
フロントマンとして、プレッシャーが凄かったとも言われています。

 

更にバンドのプロモーション関連で家族とも揉め、
孤独や人間不信に苛まれてた時期。モチベーション的に
バンドを続けていくのは苦難だったのでしょう。

 

同年、9月にバンドが解散することを発表。
最後の舞台が、大晦日の東京ドーム、そして
NHK紅白歌合戦と決まりました。

 

同年の同月、Toshiさんは元妻に誘われ、
この教団のセミナーを初めて受けます。
費用は10数万円。3日間にも及びました。

 

この教団の教えは、「フィードバック」と呼ばれる
恫喝や暴行を教団員同士で加え合う、一見
リンチにしか見えないような行為がメイン。

 

この「フィードバック」の為に、毎回数十万円の
お金を教団に支払っていたToshiさん。結婚から
僅か10ヶ月で財産は底をついたそうです。

 

そして、X-japanの「The Last Live」なる
97年の大晦日の日も、冒頭に記述したような
暴力と罵声を浴びせられてから東京ドームに向かったのだそう。

 

その日、5万人のファンが東京ドームに訪れました。
チケットを買えなかったファンは水道橋駅前でダフ屋から
高額なチケットを買った人も居たでしょう。

 

ENDLESSRAINの合唱が外に漏れるのを聴きながら
泣いていたファンも大勢居たでしょう。

 

何よりこの会場に来たかったけど来れなかった
全国何十万人のファンは、十数年経過した今、こんな告白
がされるなんて、夢にも思わなかった筈です。

 

ギタリストのhideさんが亡くなり、元ベーシストのTAIJIさんも亡くなり
しかし、それと同等ともいえるほどの精神的ショックをファンに与えて
しまっている今回の事件。遂に洗脳が明るみに出ます。

洗脳が遂に明らかに?

翌年5月、hideさんが亡くなります。
そのお葬式の直後も、暴力と恫喝が浴びせられます。

 

「Xジャパンっていうのはお前をダメにした邪悪の根源で
世界中をダメにした最悪なものだ。お前もここから脱退すれば
hideと同じような目に遭うんだ」

 

同年9月、この団体の記事が、週刊誌に
表面化され、洗脳騒動が世間に知れ渡ります。
バッキバッキだったxジャパンのボーカルの姿が

dsvsdvsdv

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

asvdava

こんな風に、全く想像つかない姿に
なってしまったのも、この頃でした。

 

週刊誌に載ってしまった事で、教団に迷惑を
掛けてしまった。そう思ったToshiさん。「とにかく
なんでもいいからお金を稼がなくては!」と

 

2年間で500回以上のコンサートを行いました。
俗に”ドサ回り”と言われる、地方営業コンサート。
もちろんX-JAPANのファンも訪れる訳ですが

 

こういった地方巡業で、TOSHIさんはMASAYA氏の
作詞作曲した曲を弾き方りし、CDを手売りで売り、
その収益を全て教団側に渡していました。

 

それに対し、「何の悪びれも無かった」と、当時の
TOSHIさんは思っていたそうです。因みに、本人に
当時支払われていたギャラは1日500円程度で
出来合いのおにぎりを食べ、生活していたそうです。

 

98年から99年の話です。あるテレビのインタビューで
「当時の(X-JAPAN)のTOSHIは死にましたね、HIDEと一緒に」
と、インタビューに応えていた、本人。

 

バンドを解散させられ、酷い言葉を浴びせられ、ファンから
メディアからも抽象徘徊され
更に、売れっ子だった時代はアメリカに家を持ち、
日本とロスを往復する日々を過ごしていた、そんな人物が

 

生活費すら殆ど与えられなくても、団体に対する「忠誠心」
が勝ってしまうんです。これが、「洗脳」です。

Xジャパン再結成依頼と、TOSHIが初めて抱いた疑問

SAASA

その後、何年にも渡り、Xのメンバーはもちろんのこと
外部とも殆ど連絡を取っていなかったTOSHIさん。しかし、
状況が一変したのは06年X-JAPANの再結成に関する話が
持ち上がってからでした。

 

その旨をMASAYA氏に話すも、「まさか、戻るのか?」
と脅すように言われ、はじめは「いえ。。。」と断ったTOSHIさんですが
ぼそっと「契約金は3億円だそうです」というと、MASAYA氏の
目の色が一変したそうです。

 

再結成を企画する主催者のもとへ出向き、TOSHIさんと
一緒にちゃっかり契約。うち1億5千万円はコンサート前に
先に支払われました。もちろんお金はほぼ教団側に。

 

その頃から、TOSHIさんの教団に対する不信が
はじまったそうです。「悪の権化」と罵ってたものが、
お金を提示するだけで簡単にひっくり返ってしまうものなのか?と。

 

その年、初めて妻の香氏に反抗したと言います。
「結局金なのか!」
しかし、それは教団側の暴力となって返って来ました。
「フィードバック」だとか何かを学ぶトレーニングとは
もう関係ない世界なのでは、とTOSHIさんは感じ、
この時初めて教団からの逃亡を決意したのだそうです。

 

そのまま翌年10月、LUNASEAのSUGIZOさんをリードギターに迎え、
X-JAPANが再結成されました。再び世界のX-JAPANのメンバーとして舞台に
立ったものの、暴力を振るわれながら教団の広告塔としてドサ回りは

 

続けていました。しかし、ある営業先のコンサートで体調を崩し、
倒れてしまいます。そんな時、TOSHIさんを病院まで連れて行って
世話をしてくれたのがイベント会社の社長で、一部始終を

 

話すと、警察関係者の家にかくまって貰えるよう、事が運ばれました。
かくして12年にも及ぶ洗脳生活は終了。妻とも離婚が成立したのでした。

ツイッターの声

MASAYA、守谷香の現在は?

現在、この団体の主催者であるMASAYA氏のブログは
過去類を見ないほど大炎上しています。

 

「しきゅうのお知らせ クーマン」で検索できると思います。
正直、MASAYA氏本人なのか、
誰が執筆をしているのかわかりませんが

 

TOSHIさんを逆に持ち上げているような文の書き方や、決して
趣味がいいとはいえないアメーバピグの表現などは
番組を見てやるせなさや怒り、
憤りを感じているファンを煽っているようにしか見えません。

 

また、守谷香氏のブログは2年ほど前から止まっており
同様にフェイスブックの更新も止まっています。

 

調べを進めましたが、実際にこの2人が今どこで何を
しているか、はっきりとした情報はありません。

 

ことがここまで大きくなってしまって、出てきにくい面は
当然あるでしょう。正直今出てきたらXファンに
どんな事をされるかわかりません。

 

現在MASAYA氏の会社は以下の会社になっていました。
株式会社ヒーリング
http://masaya.hw-ch.com/

 

MASAYA氏のブログに9月30、10月1日の横浜アリーナのコンサートに
行くような旨が書かれていましたが、ファンの方をかく乱させるような
情報操作に過ぎないと思いますので、
ファンの方のお気持ちは察しますが、
ライブ当日にギラギラした目でMASAYA探しなどは、するだけ労力の無駄に
なりかね無いと思いますと最後に個人的な見解を述べさせていただきます。

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします!

ブログ王ランキングに参加中!



↓使用から一週間で、しみやたるみが消えました



父の日や母の日、お歳暮ギフトにお勧めのサイトです!↓



お読み頂き感謝します!明日も更新します!よかったらコメントお待ちしております^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*