入来祐作の現在は?独身?再婚は?刺青薬?用具係?

スポンサーリンク

入来祐作。

むき出しの闘志で90年代の巨人のエースとして君臨したピッチャーの現在を追ってみました。

波乱万丈の入来祐作の人生

名門PL学園出身その後、大学、社会人と進出し、常にエースとして活躍した入来。24歳で巨人に入団すると、最高でシーズン13勝、オールスター出場など、名実ともにジャイアンツのエースになりました。

しかし、転落はメジャー移籍から。8600万円の年俸で33歳の時にニューヨーク・メッツに移籍しますが、在籍した2006,7年ともにメジャーでの登板はなし。

その後、横浜ベイスターズに移籍しますが、思うような成績が残せずに、戦力外通告。

拾ってくれる球団はなかったものの、どうしても野球の仕事につかせて欲しいと球団側に哀願し、年収20分の1になりながらバッティングピッチャーを勤めます。しかし、バッティングピッチャーではコントロールが定まらず、失格とされ、横浜の2軍の用具係として働き始めます。

用具係として働いていた入来

用具係として働いていた入来。かつてのエースからは想像できないその光景ですが、朝からボールを磨き、試合がある日は5時間前に球場入りして選手の荷物を運び、、時には顎でこき使われながら、歯を食いしばって仕事をしました。

この様子はあるコーヒーのCMで使われましたし、入来も自伝を出しましたね。

そして、4年間の用具係として勤務した後、信じられないオファーがあったのです。

現在の入来祐作は?

現在の入来祐作は、ソフトバンクホークスの3軍投手コーチとして指導を行っています。1軍の工藤監督がまだ解説者だった頃、ベイスターズの現場で熱心に用具係として働く入来の姿が印象に残っていたようです。

入来自信、高校時代から「お前はそんなことやらなくていいから」と、裏方的なことは全く携わらなかったそうです。しかし、今回の経験を経て、野球というスポーツが、多くのスタッフから成り立っていることを、身を持って知ったようです。

きっと彼に育てられた選手は、プレイできる喜びや有り難み、人の大切さも教え込まれるのではないでしょうか^^

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします!


芸能人 ブログランキングへ


↓使用から一週間で、しみやたるみが消えました



父の日や母の日、お歳暮ギフトにお勧めのサイトです!↓



お読み頂き感謝します!明日も更新します!よかったらコメントお待ちしております^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*