華原朋美のインスタグラムがぶっ飛び必死すぎる?薬?逮捕?松浦?

スポンサーリンク

華原朋美、ミリオンセラーとどん底の時代を経て、今再び芸能界という大海原に挑むかつての歌姫です。

そんな華原朋美、現在インスタグラムが必死すぎるといわれ、話題です。

スポンサーリンク

華原朋美のインスタグラムが必死すぎる?

先日、半ケツを晒し大反響を呼んだ華原朋美のインスタグラム。

しかし、以前から水着の写真などを公開し、ファンにとっては良いサービスではないかと思うのですが、

必死すぎるといわれちゃってます。確かに41歳とは思えない美の保ちっぷりですが、必死さが伝わってしまうのはちょっと切ないですね。人間、営業されると萎える生き物なので。

華原朋美の薬疑惑は?

過去、華原朋美も薬疑惑で病院に担ぎ込まれたことがありましたね。皆さん覚えていますか?

アスカも清原も、一時期病院に担ぎ込まれたことが報道され、その数カ月後に逮捕という経緯に至りましたが、結局華原朋美は捕まらなかったですよね。

これは、別に華原朋美の事務所が圧力を掛けたとか、そういうわけではなく、ただ単に華原朋美が合法の睡眠剤や精神安定剤を使用していただけの話です。

ご存知の通り、超有名芸能人でも薬は必ず逮捕されますので、そういった意味では真実がもみ消されたとか、そういうのではなさそうですね。

精神安定剤の大量服用に注意

薬って、そもそも身体に負担をかけるモノだということはご存知でした?

風邪の場合、身体に発症した風邪という自然現象を、無理やり鎮静するわけです。だから、身体にどこかしら負担は掛かっているわけです。

ただ、風邪薬程度のものでは負担にはならないですが、精神系の薬は、「無理矢理心を安定させる」作用があります。恐怖や不安を取り除き、安堵を与える。一見頼もしいかも知れませんが、これは一種の麻薬です。だって、薬が切れたらまた不安や恐怖がそれにも増して襲ってくるわけですから。

だから、「ヒロポン」なんかも、一度は合法とされていたものの、乱用する人が現れ、変になっていった人が多くなったから禁じられたんですよ。

精神安定剤。頼もしい薬ですが、定められた用法用量をよく守り、正しくお使い下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*