穴井夕子の現在と、壮絶な不妊治療とは?


スポンサーリンク

女優として活躍した穴井夕子ですが、見る機会もめっきり減りました。

現状を調べてみると、衝撃的な事実が明らかになりました。

穴井夕子は不妊治療をしていた?

穴井夕子は2000年に結婚しています。お相手はゴルファーの横田真一。トップ芸能人とトップゴルファーの結婚ということで話題になりましたが、その後、穴井の子宮内膜症が発覚します。その為、穴井夕子は不妊治療を余儀なくされてしまうのです。

現代の女性に多い子宮内膜症。芸能人でも多く、松浦亜弥、大黒摩季、石田ひかりなどもこの症状に悩まされました。患者数も今も増え続けているとのことです。

生理が重い人は一度検診を

もともと穴井夕子の生理は重く、痛み止めが必要不可欠だったとか。全く痛くない人も居ますけど、私自身もかなり酷く、忙しい時でも会社に行けません。もう本当に辛いですよね。

子宮内膜症が発覚したのはブライダルチェックがきっかけだったそうですが、子宮内膜症に掛かってしまうと妊娠もしづらくなってしまうので、症状がわかったときはショックだったでしょうね。

スポンサーリンク

ただ、それでも穴井夕子は不妊治療に挑みます。もともと生理が重い人は不妊治療の痛みも相当といわれています。実際、治療から2年間は相当大変だったそうですが、それでも初めての妊娠が発覚した時は、全てを忘れられるくらいの喜びだったそうです。いい話ですね。

現在は、2児の母

不妊治療が功を奏し、現在穴井夕子は二児の母です。

女優業も以前ほどではないですがやっておられ、育児もしながら忙しい每日を送っているようです。

苦しみを乗り越えた先には、家族や周囲の支えがきっとあったことでしょう。そして何より、「子を授かりたい」という穴井夕子の強い意志が、”なにか”を動かしたのかもしれないですね。
そして子育てをしながら、改めて家族の素晴らしさや命の尊さを感じているのではないでしょうか。またテレビで演技をする穴井夕子が見たいですね!今後も応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*