永六輔の現在と病気の状況は?ラジオは?大橋巨泉?


永六輔は2016年の2月から入院されているようです。

季節を一つ越えた今、かつてのラジオ名パーソナリティは現在どうしているのでしょうか?

永六輔の大手術

永六輔の手術は2016年。腰を手術したということで、絶対安静状態だそうです。

ご家族は、奥さんが既に亡くなられてはいますが、お子さんやお孫さんもいらっしゃるということで、ネットでは親族が連日介護や見舞いに来ているのでは?といわれています。

私も入院経験があるのでわかりますが、こういうときに来てくれる方って本当に心の支えなのですよね。入院中はちゃんと寝付くことも出来ず、ただじっと外を見ながら時間が流れるのを待つばかりで、「このまま最後を迎えてしまうのかな」っていう不安でいっぱいでした。

そのぶん、メッセージを頂いたり、少ない時間だけど人と触れ合ったりすることで元気になるんですよね。ほんと、人って人に救われるのだなあと、入院中に改めて知りました。

永六輔のパーキンソン病とは?

脳の神経への伝達がうまく行かず、筋肉がうまくコントロールできなくなることで、運動がままならなくなってしまう病気です。

永六輔のパーキンソン病は今にはじまったことでなく、2009年からこの病気と戦っていて、リハビリをがんばっていたとのことです。

そして、先日も徹子の部屋に出演しましたが、病気と闘いながら現場に顔を出し続けているそのプロ意識は本当に凄いと思います。きっとそういうのも家族の支えあってのものなのでしょうね。

もちろん、徹子の部屋に出演した時などは、口調もままならない状態でファンも相当なショックを受けたことでしょうが、そういった面も考慮していたのでしょうし、そこをがんばって出てきた本人のバイタリティは並大抵のものではないと感じています。

大変な病気です。今後も、家族、本人とも大変だと思いますが、少しでも現場復帰しやすくなるよう、私もファンのひとりとして、永六輔の回復を応援し続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*