東京チカラめしが閉店続出?現在のメニュー、店舗、バイトの評判は?


スポンサーリンク

東京チカラめし、最初のオープンしたては飛ぶ鳥を落とす人気でしたよね。
どこにでもお店が並んでた印象だし、もう上場企業になっちゃうんじゃないかって感じでした。

時代は焼き牛丼のブーム到来かとさえ思ったほど。しかし失速も早かったですね、

衰退した理由は?

肉を焼くのに時間がかかりすぎたんです。ああいった店って、やっぱファーストフードのカテゴリになるじゃないですか。だから忙しいビジネスマンにとっては、着席し、5分も経ってまだ注文が来なかったら結構な死活問題だと思うんですけど、まあ、っそういう理由で完成がとにかく遅かったんです。

ならばすぐ焼ける肉をってことで、肉質を落としたら、今度はそれがまずいっていわれちゃったんですね。私は質を落としたあとの肉食べてないんですけど、結構な質の落とし方だったみたいですよ。

なんか、話によると、よくあの肉で上層部がオッケー出したよなって感じでいわれているみたい。

質をとるか速さをとるかそのバランスは大切なんですね。

個人的な評価

私は池袋の西一番街と新宿の南口にある東京チカラめしに行ったことがあります。まず、圧倒的に男性のお客さんが多かった印象がありますね。とくに松屋や吉野家と比較してもその数は桁違いだったという印象です。まあ日によりけりだと思いますし、女性のお客さんだって居る日あると思いますけど、それにしても多かったなあって思いましたねえ。

で、肉自体は美味しいというより斬新な感じでしたし、アイディアとしてはよかったと思いました。やっぱり牛丼ていうと吉野家も松屋もランプ亭もすき家もそこまで相違はないっていう印象なので。まあ、松屋は店舗にもよるけど結構ヘビイな店舗もあるかな、味的に。まあそれ以外はいいと思ってたんですけど

やっぱ、焼くことで肉の香ばしさが生きるでしょう。あれはやっぱり男性の欲求をそそりますよ。とにかく、ご飯との相性も悪いわけじゃないしね

また久しぶりに食べたくなったけどなあ。

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村



↓使用から一週間で、しみやたるみが消えました



父の日や母の日、お歳暮ギフトにお勧めのサイトです!↓




お読み頂き感謝します!明日も更新します!よかったらコメントお待ちしております^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*