小保方晴子の現在は?自宅行方不明?どこ?正しかった?

スポンサーリンク

2014年の流行語にもなったスタブ細胞。

あれから2年経ちました。取り返しのつかない事件まで起こってしまい、学会の中でも一般でもマスコミでも大変な騒ぎになりましたが、渦中の中心人物だった小保方晴子氏はどうしているのでしょうか。

小保方晴子の現在は?

「小保方晴子 現在」で検索すると、「住所」や「行方不明」などで検索されています。

「自宅 どこ」とかも検索ワードとして引っかかるのですが、探す気?w

現在はほとんど自宅に引きこもりがちといわれています。

確かに、嘘かも知れなかったけど、叩き過ぎ

小保方晴子事件については、千差万別の意見があると思います。

私の個人的な意見としては、「確かに嘘かも知れなかったけど、叩き過ぎちゃう?」ってことです。もう日本のネチネチしたマスコミとニートが、遺憾なく本領を発揮した。

というところではないでしょうか。

実際小保方晴子も、その怒りを露わにした著書を執筆しています。

私はむしろ、「スタブ細胞はあります」と言い続けた小保方晴子の態度はむしろ評価したいくらいです。ただ、ちょっと「あります!」の声のトーンに張りがなかったから、そこに付け入れられたような気がします。

「絶対に信じて下さい!スタブ細胞はありますから!」

あと3倍位の声のトーンで声を大にしていえば、また、世間への伝わり方も違ったかも知れないと思うんです。

企画は、内容よりも伝え方

千田琢哉氏が、「現状を打破するにはぬるま湯から脱出しなければならない」と記した著書で、大切なことは、企画の内容よりも企画の伝え方だと記していました。はっきりとは覚えて居ませんが、こんなニュアンスです。結局、かなり体育会系な言い方になりますが、やっぱり企画は内容よりも伝え方なんです。

あの時点でスタブ細胞はまだ見つかっていなかったとしても、小保方晴子が、言葉の語尾を強めてそういってたら、きっとスタブ細胞は見つかったのではないか、そして、「あの最悪な事態」も免れたのではないかと思うのですが。。。

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします!


芸能人 ブログランキングへ


↓使用から一週間で、しみやたるみが消えました



父の日や母の日、お歳暮ギフトにお勧めのサイトです!↓



お読み頂き感謝します!明日も更新します!よかったらコメントお待ちしております^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*