奈美悦子の現在は?病気?更年期?掌蹠膿疱症性骨関節炎ってどんな病気?

スポンサーリンク

現在、奈美悦子は63歳になっています。

近年の活動状況を調べてみると、なんとある難病を患っているということが明らかになりました。

一体それはどういった病気なのでしょうか。

スポンサーリンク

奈美悦子のプロフィール

歌手にとしてタレントとして、手広く様々な芸能活動をされ、幅広い層から支持されているタレントです。

私は彼女のファーストシングル、「大阪ブルース」に感銘を受けました。

切なく、その時の等身大の心情を歌ったこの曲は、彼女のキャラクターにもピッタリ合っていたと思います。

奈美悦子は、ある日突然謎の疾患に見舞われました。鎮痛剤を飲んだり病院に行ったりしてもその原因はわからないと言われるばかりで、一時期は絶望的な状況だったといわれていますが、ある病院で掌蹠膿疱症性骨関節炎と明らかになったそうです。

掌蹠膿疱症性骨関節炎とは

水ぶくれが手のひら、足の裏などに出来る病気で、そこから痒み、ひび割れなどを伴う病気のひとつです。これが、掌蹠膿疱症。帯状疱疹やアトピーとはまた異なりますが、皮膚的な疾患です。

性骨関節炎になると、肋骨などに激しい痛みを伴う事があり、これは重症と診断されることがあります。

難病指定されている病気だけあり、診断方法や治療法などもはっきりと解明されていません。また、日本に患者がどのくらい居るからというものもはっきりしていませんが、二万人に1人という少ない割合で発症する病気だそうです。

遺伝は無く、ウイルス、最近、空気感染で人に移ることは無いようです。

死んでたまるか!

奈美悦子が、病気になった自身の不安を書き留めた「死んでたまるか」を執筆しています。

この本のお陰で、自分の病気、症状がどのようなものかはっきりとわかり、救われたという人も多いと聞きます。

ニートがネット市場を独占したことで、世に溢れる情報、98%が不要なものと私は解釈しています。しかし、残りの2%、必要であるべく情報があります。こういう情報が”そういう情報”だと思っています。

有名人の発言は、何千、何万人という人に一気に広がります。

病気の辛さは、周囲に理解されないことが一番辛いことです。奈美悦子のこのような執筆が、1人でも多くの掌蹠膿疱症に苦しむ人、その家族に届き、生きる勇気を与えていくものになればいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*