城戸真亜子、現在は義眼をカミングアウト?夫、子供は?


スポンサーリンク

美人モデルとして活動した木戸真亜子の現在に迫りました。

kid3

現在はどうしているのでしょうか?

城戸真亜子プロフィール

城戸 真亜子は1961年8月愛知県生まれ。現在は55歳です。

ウィキペディアを見ると、

・洋画家

・タレント

・中部国際空港株式会社顧問

・テレビ東京番組審議会委員

・中日本高速道路CSR懇談会委員

とか、なんか色々なことやってるんですね!特に下の3つ、漢字が多いのはよくわからないけど^^;

昭和62年に武蔵野美術大学油絵学科に入ります。この頃からモデルとしても活動していたので、様々な方面で才能を開花させていたのですね。

代表的CMは『カネボウ化粧品キャンペーンガール』そして、映画「アモーレの鐘」など。

因みに、こちらが本物の美ヶ原高原美術館の『アモーレの鐘』です。高原に時を知らせる鐘の音が響きます。

その後、歌手としてもデビュー。88年には『3時にあいましょう』の司会を務めるなど、野球選手で言えば、走攻守肩まで完璧な芸能人だったんですね!

ただ、その忙しさの合間に画家としての活動は疎かにせず、都内で頻繁に個展を開催していたようです。

なんと、東京湾横断道路の壁画 (海ほたる内)まで手がけてるっていいますから、本物の実力派なんですね。「芸能人だから描かせてみた」的な立ち位置ではないのでしょう。

kido

↑これだそうです。

90年には所属事務所の社長と結婚。29歳の頃でした。

まさに、女として、恋も仕事も大成功させた人物ですね!凄いなあ。

城戸真亜子の現在は?

現在はアートスクールの代表として立派に社会貢献し、後輩の育成などに務めている傍ら、

ご自身で個展を開いたりパブリックアートを描くなど積極的に活動しているようです。

こちらがアートスクールのホームページです。かなり本格的ですよ^^
http://www.889100.com/artschool/

写真を見てみると、いいおばちゃんどころか、まだまだ若々しくてとっても綺麗。羨ましくなります。

kid

因みに「義眼」とか「カミングアウト」とかで検索されているみたいですけど、なんで城戸真亜子がこういった検索ワードでサーチされていたかはわかりませんでした^^;義眼に見えるってこと?少なくとも私は見えません。

絵画が彼女の美を保っている?

アラフィフにも関わらず木戸真亜子が今現在もずっと美しい要因は、絵画をやっているからではないでしょうか。

え?絵をやることが美に対してプラスになるのかって?

絵を描く事と若く居られること、どう関係あるのかって?

そんなの、関係おおありに決まっています。そこに関連してくる要因に、「アンチエイジング」が関連してきます。



 

右脳を高速回転させることが、美にもつながる?

木戸真亜子は、絵を描く事で常に右脳を回転させ続けています。こういった芸術家の人達は、筆を持っている時だけ絵の事を考えている訳でなく、どこに居る時も何をしている時もずっとキャンバスの事を考えている人が多いです。

そういう人は、基本的に右脳が動き続けているから発想も豊かだし、世の中に縛られず、好みもはっきりしている、快楽主義者が多いということです。

そういう人と、毎日朝から晩まで同じような生活をしている人、どっちが若さを保っていられるかって考えてみると、ほら、回答は明確だと思いません?

もちろん、元からモデルをしていたっていうこともあり、若さを保つためのスキンケアの努力とかは欠かしていないと思いますが、こういう人は、右脳の回転が美に直結する事を知っています。つまり、連鎖反応。

だから、綺麗でいられるんです。

皆さんも、絵描きになれとはいいません。決して。

ただ、興味があることがあれば、年齢や周りの目を気にせず飛び込んでみたらどうでしょうか。そうすれば、いつもと全く違う、新しい世界に出会えるかもしれないですよ!

 

スポンサーリンク

城戸真亜子、現在は義眼をカミングアウト?夫、子供は?” へのコメントが 3 点あります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*