叶和貴子の今現在は?リウマチで闘病生活?


2013年の徹子の部屋以来、メディアには登場していない叶和貴子。

清楚系の和服美人として男女問わずファンが多かった印象です。

現在を調べてみたところ、壮絶な闘病生活を送っていたことが明らかになりました。

叶和貴子は病気だった?

1991年、叶和貴子は関節リウマチという病気になりました。

舞台の稽古の最中に体調が悪くなり、次第に身体に痛みが発症するようになったといわれています。

病院に行き、「リウマチの可能性があるから検査をしたほうがいい」といわれたものの、舞台稽古の最中だったということもあり、検査には行きませんでした。痛みも引き、治ってきたかのように思われていたのもあります。

しかし、それから2年後、再び悪夢が彼女を襲います。

身体が重くなり、思い通りに動かせなくなってしまったのです。手のグーパーさえもできないきつさで、舞台本番中も立っているのがやっとだったようです。

ここから叶和貴子の闘病生活がはじまります。薬を服用しはじめますが、胃に副作用を感じたこともあり、なかなかハードだったそうです。

なんせ、痛みは相当で、ナイフやフォークを持つのも一苦労。寝返りもできず、口を開けるのさえままならないほど、全身に痛みが襲ってくる。リウマチはそんな病気なんです。

存在するだけで痛いなんていう病気、メンタルにも相当来たと思います。

そもそもリウマチは度合いも個人差があり、どこに発症するかなども人によって違います。叶和貴子の場合、不運にも、かなりよくないリウマチだったと思います。

など、全身に痛みが襲っていました。

自分がどれほど辛くても、周りにわかってもらいにくいのがリウマチの酷いところです。

その為、「怠けているのではないか」と人から思われることに恐怖を抱いていたそうです。

そして、本格的に療養生活をはじめます。

現在の叶和貴子は?

現在叶和貴子は、リウマチに関する講演会を行っています。

本当にその痛みがわかるからこそ、苦しんでいる人の気持にもなれたのでしょう。

また、痛みだけでなくメンタルにも相当くるこの病気は、分かり合える人がいるだけで全然心持ちが違うといいます。

発病から20年経ち、今も痛みが消える日はないといいますが、それでも前向きに頑張っている叶和貴子は、立派だと思います。

叶和貴子の今現在は?リウマチで闘病生活?” へのコメントが 1 点あります

  1. 高松さんその後体調はいかがでしょうか。
    六本木の直樹です。
    小川さんとは連絡をとっていますか?
    お会いしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*