加納典明の現在と東ちづるとの関係は?きくぜ画像


スポンサーリンク

写真家として、そして辛口コメント家として世の中を叩きまくってきた加納典明。

こういった危なっかしい人、最近橋下徹くらいしか見掛けなかった気がしますが、現在はどうしているのでしょうか。

調べてみると、加納典明の仕事に抱いている、壮絶な信念がわかりました。

現在の加納典明は?

現在の加納典明は、ホームページを立ち上げ、しっかりとご自身の写真の活動を行っているようです。テレビで見なくなったのは、コメンテーターの仕事をしていなかったからなのですね。

写真家とは違った仕事をすることで、また違う角度からも人間的に磨きが掛かり、今後加納典明は更に飛躍していくのではないでしょうか。80歳になっても現役で頑張って欲しいです。

加納典明が仕事に対してに持っている、とんでもない信念とは?

加納典明の仕事に対する信念は、とにかく凄いと言われています。まず、根本的に、部下には絶対逆らわせないどころか、押さえつけるように100%部下を抱え込むスタイルみたいです。
なんといっても、「サドマゾ事務所」とまでいわれていたようで、相当な無理難題を部下に押し付けていたらしく、彼らがミスをすると、叱るどころではなく、100%怒りをぶちまけるのだそうですw

部下に「公園に火をつけてこい」と言ったこともあるそうですよ。それじゃあホーカマやで^^;

ただ、戦争や数々の波乱万丈な人生を送ってきた加納典明にとっては、そういう体験をしてきた自分自身が、いわば事務所の看板であり、そうした人物が写真を撮影することで、より、鮮明で、アーティスティックで、人間らしい作品として生み出すことが出来ます。それゆえ、小さなことにも絶対に妥協は許せないのでしょうね。

若者が弱体化し、男性が女性化する現代社会における要因として、「しっかりと叱ってくれる上司」が欠落しているという要因もあるのではないかと思います。

こういった加納典明のような上司が居なければ経済は活性化しないし、日本はよくならないのではないかとさえ思うのですが、いかがでしょうか?

まあ、公園に火をつけたりするのはね、そこまでするかいなって思いますけど^^;

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*