剛力彩芽の現在と「消えた」と検索されている理由は?ダンス?短足?

スポンサーリンク

実際のところ、剛力彩芽は「消えた」わけではありません。

ただ、どうして剛力彩芽と検索する度に「消えた」と検索されているかは、やはり、全盛期だったCM女王の頃と比較すると、メディアへの露出が半減している事が挙げられるでしょう。

剛力彩芽はなぜCMに出てこなくなった?

実際は、CMに出てこなくなったのではなく、CM出演の機会が減っただけで、オファー自体はあるし、テレビ番組にも出演しています。

剛力彩芽の全盛期は2013年頃といわれています。当時は10社以上のCMに出演するなど、不動な人気を誇っていたのはもはや説明するまでもないでしょう。

しかし、近年何年かぶりにCM女王の座に返り咲いた石原さとみとは違い、剛力彩芽は2015年ベスト10にも入っていません。

一体この差は何なのでしょうか?

筆者の検証

剛力彩芽の所属していた事務所は、CMとの契約料が少なかったといわれています。安ければ、やっぱり事務所に仕事は回されやすくなります。

CMへの露出が増えれば、その相乗効果として、テレビからドラマやバラエティなどの出演オファーがきます。しかし、剛力彩芽の場合、視聴率が振るわなかったりすることも多かった為、スポンサーからも”次の声”が掛からなかったのでは?

という見解です。

対して今や貫禄さえみえる石原さとみは、結婚を期に更に支持が増え、国民的女優としての座をほしいままにしています。この差は大きいでしょうね。

20歳でピーク、それが芸能界

2013年、いちばんCMをもらっていた頃の剛力彩芽の年齢は、なんと20歳です。

一般社会ならまだ入社もしていない若造。これから社会に出て揉まれていくものですが、10代で揉まれまくり、二十歳でピークを迎えたと思ったら一瞬で消えてしまう、それが芸能界です。

運やコネクションもあるのでしょうが、やはり常にどんなタレントで居るか、理想像を明確にし、それに近付くために切磋琢磨していなければ、たった20歳の少女でも、簡単に切られてしまう世界なのですね。恐ろしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*