元黒夢、鈴木新の現在は?心臓病?脱退理由は?病気?


スポンサーリンク

黒夢というバンドは、現在も復活し、新たにビジュアル系の道を走っています。

しかし、もともとは3人だったということをご存知でしょうか?

黒夢にはギターが居たのです。

黒夢は3人、いや、4人だった?

正確には、デビュー・アルバムの時点で黒夢はメンバー4人でした。清春とヒトキと、ドラムが元スタークラブのヒロ、そして、ギターが今回取り上げます。シンです。

シンはアルバムフェミニズムまでは在籍しましたが、レコーディング中に脱退し、その後ビニールというバンドで再デビューしたといいます。そのとき名前を鈴木新にしてます。

現在はどうしているのでしょうか。

現在の鈴木新は

一時は楽曲提供や講師業などでシーンから退いたものの、現在も様々な方面で活動を続けているそうです。石月努、河村隆一、ソフィアなど、シーンのトップたちと未だに交流があるそうですね。

ホームページを見る限り、かなり精力的に活動は続けているようなので、またいつかメディアに戻ってきてほしいですね。

個人的な見解

コークスクリューとかドラッグトリートメントで爆発的に売れた黒夢。

路線を思いっきり変えながらあそこまでムーブメントを残したバンドははっきりいって唯一無二。清春の戦略が凄かったのでしょう。

彼は、凄いですよね、お客をあっと驚かせることに対してのモチベーション。当時100本以上のツアーをやってたころのセトリは全部違っているし、ゴシップやアンラーンドマンもパンクアレンジにしてやっちゃうし、

復活してからも1曲めはビームスだし(代々木)、日本武道館やったその夜に代官山ユニットやっちゃうし、人時もそれについては尊敬に値するって言ってました。

ただ、ここにシンが居たらどうかなって話ですよね。清春のオシャレ過ぎる感じと、人時のオシャレに無頓着そうなロン毛が妙にマッチして当時の黒夢のブームはできたといっても過言ではないので、80年代のネオビジュアル系っぽいシンがそのままいても後期の黒夢には合っていなかったような気がする。

スポンサーリンク

たけともさんのレスポールの音とかザックザクで合ってたし、脱退、路線変更、全て当時の黒夢には理にかなっていたのですよきっと。

余談ですが、「シルバーサンアンドゴールドムーン」でダイブレイクし、ミリオンセラーを出したSHAZNAは、女型路線から、パンクロック路線にいくことを打診したそうですが、却下されたそうです。そうなっててもどうかなって思う部分はあるけどw

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村



↓使用から一週間で、しみやたるみが消えました



父の日や母の日、お歳暮ギフトにお勧めのサイトです!↓




お読み頂き感謝します!明日も更新します!よかったらコメントお待ちしております^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*