上杉昇の現在と印税生活は実現出来ているのか。結婚は?


スポンサーリンク

上杉昇は現在上杉昇名義でソロ活動をしています。

現在上杉昇はソロでライブ活動などをしているそうで、you tube動画などは沢山落ちていました。

「上杉昇 現在」で検索された方殆どは、WANDSの頃をご存知の方でしょう。そして、るのではないでしょうか。

今回は、独自の観点からそこに密着しました。

o0350025012092691871

一世を風靡したロックバンドWANDSとそのポップセンス

個人的に思うのですが、ポップセンスに長けているアーティストほど、アングラ思考が強いと思うんです。ミスチルでさえ、アルバム収録曲はUKのアンダーグラウンドなサウンドを取り入れているように感じます。

卓越したポップセンスから、強烈な人の胸に残るソングを提供するには、センスだけではなく、研究が必要不可欠です。私が思うに、突き抜けるような爽快感と泣きのメロディ、抜群のサビのセンスで一世を風靡したWANDSの曲には、「絶え間ない研究」があったのではないかという考えです。

スポンサーリンク

しかし、ポップ路線で売りだそうとしていた事務所とすれ違いがあったのでしょう。実際上杉昇脱退前の曲、same sideやpeace of my soul、dont like so hardなどはかなりアングラな印象でした。

ミュージシャンってすんごい繊細な生き物らしく、本気でやっている人ほど、お金をいくら積まれようが、自分の思考と異なるパフォーマンスはしたくないって人、結構いるみたいで、上杉昇はその典型という感じだったのではないでしょうか。

しかしながら、2015年になっても尚伝説のバンドとして君臨するWANDS。「再結成して欲しいバンドは?」の中で常にトップにランクインしています。果たして再結成はあるのでしょうか。

WANDSの再結成は?

上杉昇のこれまでの行動を見ると、おそらくですが幾ら積まれてもWANDSとして活動することはないでしょうと思います。しかし、精神を曲げずに走り続けていることこそ真の芸術家だと思います。よくも悪くも、マイペースに音楽を追求していってほしいですね。今後の上杉昇に期待してます。

時の扉、、、、聴きたいけどね。ほんとはw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*