ユーザロックの現在と、実刑と刑務所、佐藤江梨子の裏話とは?


スポンサーリンク

ユーザロックは現在現役のパフォーマーとして復活しているとのことです。

大麻所持の現行犯で2010年に逮捕されましたが、その後を追ってみました。

ユーザロックとヒップホップ

90年代、まだ日本にヒップホップの文化が浸透する前からユーザロックはヒップホップをいちはやくカルチャーにヒップホップを取り入れていました。

ヒップホップが世間に認知されたのは、ドラゴンアッシュなどがロックなテイストの中にラップ的な要素を入れ、”ミクスチャー”として世にリリースされてから広がった印象が強いですが、

実際はヒップホップってもっともっとアンダーグラウンドなジャンルなんです。

感覚的には、パンクとかロックに通じる部分があります。

社会的に反抗するテイストも強く、政治や芯のないカルチャーをとことん牛耳ることも多く、また、薬物などに対する考えも独特で、大麻に対しては賞賛する風潮が多いです。

六本木のクラブに行けば、未だにそんなテイストの人間が多いのはその為です。

日本語ラップ学校

ユーザロックは、日本で初めての、日本語ラップ学校を開校し、その校長として指揮を取るはずでしたが、それが実現される前の逮捕だったということもあり、犯した責任は計り知れないと、自ら引退を決意したはずですが、若い層からも支持が熱い彼。あるFMの番組で復活を果たしました。

ユーザロックの現在は?

大ブレイクしていた当時から、若干大人びた風貌ではありましたが、現在のユーザロックは、沢山のネットユーザー(無職のニート)から突っ込まれています。

・自分の親父と容姿がそこまで変わらない

・老化が進行している印象があるけど、何かやってるの?

・ユーザロックがテリー伊藤になっている

・太ってたぬきのようになっている

・ユーザロックが水野晴郎のようになっている

・ユーザロックがビッグダディになっている

という、容姿的なツッコミから白熱してしまい、ライムのことや韻のことなど、実力にもケチを付けるニート(努力をしたことがない人)が多いみたいです。

個人的にはヒップホップはそこまで聴かないですが、おもしろくてユニークな方だなあという印象は強かったです。もっとテレビにも出てほしいなあって思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*