タブクリアって覚えてる?俵孝太郎がCMしていた、コカコーラ最大の駄作?画像


スポンサーリンク

皆さんは、コカコーラ社から発売された、タブクリアっていう清涼飲料水を覚えていますか?

当ブログ史上初、人物ではなく、モノに注目してみました。タブクリアは現在あるのでしょうか?

タブクリアプロフィール

93年にコカコーラから発売された清涼飲料水が、タブクリアです。当時は透明な炭酸飲料が注目を集めていた時代で、透明なペプシがアメリカから入ってきたので、コカコーラ社が負けじとリリースしたといわれています。

そして、CMに使われていたのは、当時キャスターとして人気だった俵孝太郎。

マジカル頭脳パワー!!でもその頭脳を発揮しまくり、バラエティの世界でも人気でした。

タブクリア、現在は?

タブクリア、飲んでみなけりゃわからないというフレーズが出ましたが、実際は1年足らずで発売中止に。世界中でも満を持して発売されましたが、どの世界でも売れ行きは不評だったとのことです。

実際にタブクリアを飲んだ時の感想

実際にタブクリアを飲んだ時の感想ですが、炭酸がすっごい強い透明なコーラって感じで、なんか変な匂いがしたのも覚えています。

それまで、私達の中でコカコーラというものが茶色というイメージがあまりにも強かったため、透明なコーラというものの違和感が大きすぎたのではないでしょうか。

また、缶の感じもちょっと味気ない感じがしました。なんか、近未来ちっくではあるのですが、時代に適合していない感じが強くて。

まあ、その時まだ中学生くらいだったのですが、様々な面で、外しちゃっている感を感じずにはいられませんでしたね。当時、メローイエローとかメッコールとか、外しまくっている清涼飲料水はまだまだありましたけど、タブクリアの外しっぷりは、これまでの清涼飲料水の中でも、度肝を抜いているのではないでしょうか。

やっぱり、色とか缶とかって大切

たかが清涼飲料水。原価にすれば、缶1本10円にも満たないといいます。

スポンサーリンク

しかし、今不動の人気を誇る、コカコーラ(普通の)や、ボス、ジョージア、ペプシ、レッドブルなどは、缶のパッケージと飲み物のカラーも、飲欲をそそるものだと思います。味、カラー、そして缶のデザイン、3拍子揃ったものこそ、いい清涼飲料水ではないでしょうか。

そうなると、ヤクルトの山田やソフトバンクの柳田のような、”トリプル3”な清涼飲料水が大切ってことですかね。ビジネスならなんでもそうかな。あ、ちょっと話しそれすぎですか?w

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村



↓使用から一週間で、しみやたるみが消えました



父の日や母の日、お歳暮ギフトにお勧めのサイトです!↓




お読み頂き感謝します!明日も更新します!よかったらコメントお待ちしております^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*