サイババの現在とあの”粉”の正体は?トリック?ガヤトリーマントラ?画像


インドのサイババがいてブームだったのは90年代の話だったでしょうか。

パパイヤ鈴木のインド人版のような見事なアフロだったサイババ。
現在はどうしているのでしょうか。

サイババプロフィール

1926年インドに生まれました。若い頃から説法をすると人々の不死の病が治るってことで一気ににんきになりました。

信者は100万人を超えていたともいわれています。

信じるか信じないかは心がけ次第

ビブーティと呼ばれる聖なる灰といわれるものを振りかけられると、幸福が訪れるなど、90年代そういった特集が頻繁に組まれていた印象です。

しかし、それがいずれトリックといわれるようになり、沢山の人の批判を買うようになっていきました。

私にすれば、それは”幸せ”という価値観全てをサイババに委ねちゃったからいけないんじゃない?って思うんです。サイババにビブーティを振りかけられて元気になるんだったら、幸せになるんだったら誰もがそうなりたいわけでしょう。

けど、幸せって自分で掴むものじゃないんですか?

もがいて苦しんで、それでも、がんばって、目の前にある幸せに遭遇した時、人は幸せを迎えることが出来ると思うし、その時はじめて「ああ神様って居るんだな」って思うと思うんですよ。これは、努力した人にしかわからない価値観で2ちゃんばっかりやっているニートには到底わからないと思うんですけど、

けど、私は言います。

幸せは、自分で絶対に掴んでやる

って思うのと、

誰かに幸せにしてもらおう

と思っている人

世の中にはこの2種類しか居ません。

誰かに幸せにしてもらえればラッキーです。例えるなら玉の輿です。美人で若ければ多少性格が歪んでても玉の輿になれる可能性がありますが、世の中の大半の人はそうではありません。

しかし、デブでハゲていても、絶対に幸せは掴んでやると意気込み、行動する人間は夢を掴んでいます。

夢を掴んで、神様に感謝するのです。それはそれは、突き抜ける快楽です。

間違っても、このブログを愛読して頂いている皆様には、「神様に幸せにしてもらおう」なんて思っていないで欲しいです。

現在のサイババは?

2011年にサイババは亡くなっています。インドのかなりの多くの人に影響を与えただけあって、相当大規模な葬儀が行われたらしいです。ただ、本人は自分の死没を96歳と思ってたみたいですね。実際は84歳でした。まあ、これっばっかしは外れても別にいーんじゃない?ってところですよねw

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします!


芸能人 ブログランキングへ


↓使用から一週間で、しみやたるみが消えました



父の日や母の日、お歳暮ギフトにお勧めのサイトです!↓



お読み頂き感謝します!明日も更新します!よかったらコメントお待ちしております^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*