ぼくたちの失敗を唄った森田童子の現在は?

スポンサーリンク

現在は主婦になっているという森田童子。
その年齢が驚きです。62歳です。

スポンサーリンク

「は~るの~こもれびのなかで~」の歌が印象的だったと思います。ドラマ「高校教師」の主題歌、「僕たちの失敗」。あのドラマのロケ地、作者の野島しんじが新潟県柏崎市出身というのも関係しているのでしょう。そんな野島信二が、学生の頃に森田童子のライブを見て衝撃を受け、このドラマの主題歌にオファーしたんだとか。

当時は、チャゲ&飛鳥とか、ビーズとか、ZARDとか、歌謡曲が大ブームだった時期。そんな頃に男か女かもよくわからない、サングラスで目を覆ったちょっと霊的な得体の知れない歌手が突然ドラマの主題歌にタイアップされ、ランキングに登場し、お茶の間を「???」にしたものです。

今と違ってググるっていう習慣も無かったですからね。私は当時小学生だったので、歌を聴いて怖くて眠れなかったものです。聴いて眠れなくなった曲は、あとにも先にも「僕たちの失敗」と、ドラクエの冒険の書が消えたときの音楽だけだなあと。

因みに、「たとえば僕が死んだら」など、他の楽曲の歌詞はもう少しエグく、一聴可愛らしい声だから気付きにくいけど、めちゃくちゃ不良ですね。捕まっちゃうレベルです。どこか楽しそう、どこか物憂げ、どこか不安定。歌詞でひとこともそんなことを言っていないのに、フォークをベースに突き刺さるほど伝わってくる描写こそ、彼女が生きた「学生運動」の時代の若者の叫びだったのかもしれません。

森田童子は、現在は引退し、それから一切メディアに出てきていないとのことです。今の音楽シーンに文句をとやかく言うつもりは無いけど、こういうわが道を行き過ぎちゃって突き抜けちゃってるパンクな天才肌、最近久方見ていない気がするなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*